全国自治体にて初導入。オムツ替えもできる移動可能な授乳室「mamaro」

2018年02月19日

プレスリリース

Trim株式会社(以下Trim)が開発した、授乳・オムツ替えなどができる移動が可能なナーシングルーム「mamaro(ママロ)」を、長崎県大村市地域子育て支援センターのこども未来館「おむらんど」と、福岡県春日市の春日市役所に設置いたしました。自治体へ特化したサービスを展開する「株式会社ホープ」が自治体へ導入提案を行い、この度設置が決定いたしました。自治体への設置は、全国で初めてとなります。

大村市の除幕式では園田市長もご参加。その様子は長崎新聞でも取り上げていただくなど、注目度の高い取り組みとなりました。

▲写真左より Trim代表長谷川・園田市長・株式会社ホープ時津社長

▲長崎新聞2月5日紙面より

千葉市でも設置を予定しており、自治体が推進する子育て支援事業との連携強化が進んでいます。

◆自治体も続々と導入。どこでも手軽に設置可能な「mamaro」とは

【ポイント1】

コンパクトで既存の施設にもらくらく設置。

サイズは幅約180cm、奥行き約90cmとコンパクト。可動式のため、既存の施設内にも手軽に設置が可能です。現在は、京急サニーマート(横浜市金沢区)やOPA(群馬県高崎市)などの商業施設をはじめ、ママやパパが子連れでお出かけする場所へとご活用の幅が広がっております。

【ポイント2】

鍵つきの完全個室で安心して赤ちゃんのケアができる

▲写真右 体感センサーにて人の状況を感知している様子

「mamaro」は、授乳やオムツ替えに離乳食と、ママやパパが赤ちゃんのケアをする完全個室のナーシングルームです。まるでリビングのようなあたたかい木のぬくもりの部屋で、ソファに座り快適なケアの時間を過ごすことができます。また、プライバシーに配慮しながら、不正利用を検知。万が一のときにはアラートがでるので、施設運営者さまも安心して導入いただけます。

【ポイント3】

授乳しながら楽しめる「mamaroView」を搭載

室内には「mamaroView」というデジタルサイネージのメディアを搭載。授乳の時間を楽しく過ごしてもらえるようなコンテンツの充実をすすめております。施設案内などのオリジナルコンテンツや、広告の配信、子育て情報など、ご要望・用途にあわせた配信が可能です。電源コンセント1口で対応可能で、施設運営者さまでの難しい設定も必要ありません。

今後もTrimでは「mamaro」のサービスを通し、授乳やオムツ替えの場所に困らずにママやパパがお出かけできるような、育児のしやすい環境づくりを推進して参ります。

<大村市こども未来館「おむらんど」、春日市役所 設置概要>
導入台数 :1台ずつ
設置日  :2018年2月5日~
室内設備 :ソファ・可動式ソファ・テーブル・モニター・コンセント
大きさ  :高さ:200cm/幅:180cm/奥行:90cm 室内の高さ:190cm/室内面積:1.28㎡

<こども未来館「おむらんど」概要>
所在地   :〒856-0832 長崎県大村市本町326番地1
HP    :https://www.city.omura.nagasaki.jp/miraikan/kenko/kosodate/shienjigyo/miraikan.html

<春日市役所 概要>
所在地  :〒816-8501 福岡県春日市原町3-1-5
HP    :http://www.city.kasuga.fukuoka.jp/index.html

<Trim(トリム) 株式会社概要>
設立   :2015年11月
本社   :横浜市中区海岸通四丁目24番地 創造空間万国橋SOKO 301-A
代表   :長谷川 裕介

【商業施設等の設置・広告に関するお問い合わせ先】
Trim株式会社

http://info-trim@trim-inc.com


【自治体への設置・広告に関するお問い合わせ先】
株式会社ホープ マーケティング課 石田(いしだ)

Tel:092-716-1480 /

E-mail:ishida@zaigenkakuho.com

ニュース一覧に戻る