道の駅で全国初!ベビーケアルーム整備に悩む施設の課題解決に!横瀬町と連携し「道の駅果樹公園あしがくぼ」にて、設置型ベビーケアルーム「屋外用mamaro(仮称)」の実証実験を開始

2023年12月04日

プレスリリース

 Trim 株式会社(横浜市中区、代表取締役社長:長谷川裕介/以下Trim)と、株式会社ハマネツ(本社:静岡県浜松市、代表取締役社長:河藤一博/以下ハマネツ社)は、横瀬町(埼玉県横瀬町、町長:富田能成/以下、横瀬町)の実施する官民連携プラットフォームプラットフォーム「よこらぼ」に採択(採択№136)され、全国の道の駅では初の試みとなる、「屋外用mamaro(仮称)」の「道の駅果樹公園あしがくぼ」での設置の実証実験を2023年12月14日(木)より行います。
 今回の実証実験では1年間の設置を予定しており、年間を通じた設置の実証実験としても初の試みとなります。スペースの都合でベビーケアルームの整備が進まないという施設のご意見を受け、各施設よりご要望が多い屋外への設置が可能なベビーケアルームの開発に着手しました。
また、「屋外型mamaro」はユーザーから要望が多いセキュリティ面の課題を解消するために施錠ができ、また気温の変化に対応できるようエアコンも完備しています。

■「道の駅果樹公園あしがくぼ」での実施背景
国土交通省から各道の駅に授乳スペースを整備する旨の方針が2018年に出され(*)、既存の「mamaro™️」の道の駅への導入も累計48台になりました。
しかし、現在の全国の道の駅の整備状況はまだ充分とは言えず、その背景には「施設内に授乳やおむつ交換等を行うベビーケアスペースや「mamaro™️」を設置するスペースが確保できない」という道の駅の施設が抱える課題があります。
 こうした課題を受けてTrimとハマネツ社が開発した製品が「屋外用mamaro」です。Trimが開発する1台で授乳ソファ、おむつ交換台、体重測定の3つの機能を持つ「mamaro sofa(ママロソファ)」を、ハマネツ社が開発する屋外用ユニットに組み込み、屋外への設置を実現しました。また利用中の室内環境整備として、年間通じて利用者が快適に過ごせるよう室内用エアコンを設置しています。
 今回の実証実験のフィールドとなる「道の駅果樹公園あしがくぼ」は、季節に応じた観光スポットやアクティビティが満載で一年を通して、さまざまな魅力を楽しめます。西武秩父線の芦ヶ久保駅に直結しているため、車だけでなく電車でのアクセスもよく、気軽に立ち寄れるハイブリット道の駅として、多くの人々に愛されています。道の駅のベビーケアニーズや年間を通じた設置としての実証実験を行い、今後の製品化に向けて検証します。

*サービスエリアや「道の駅」における子育て応援の今後の取組方針(2018年9月、国土交通省) http://www.mlit.go.jp/common/001255859.pdf

■実証実験の概要
設置期間:2023年12月14日(木)〜2024年12月下旬予定
利用時間:9:00〜17:00(季節や運用状況に変更になる可能性があります)
設置場所:道の駅果樹公園あしがくぼ 多目的ホール前(埼玉県秩父郡横瀬町大字芦ヶ久保1915-6)HP:https://michinoeki-ashigakubo.com/
製品名:設置型ベビーケアルーム「屋外用mamaro(仮称)」

■「屋外用mamaro(仮称)」の特徴
サイズ:幅 2.1m×奥行 1m×高さ 2.2m
特徴 :快適で落ち着いたベビーケア環境を実現するため、ハマネツ社の鍵付きの完全個室、エアコンを装備した完成品ユニットにTrimが開発販売を行う「mamaro sofa」を搭載しています。
「mamaro sofa」は背もたれ部分が変形し、ベビーベッドにもなる授乳ソファです。ベビーベッドにお子さまを寝かせると、体重測定も可能になる機能もあり、1台で授乳・おむつ替え・体重測定が可能です。製品化時には、低コスト・短時間・省スペースでの導入が可能です。
「屋外用mamaro(仮称)」の実証実験は、これまでに5回実施してきましたがいずれも短期間の設置で今回は初めて年間通じての実施します。
過去の実証実験:ヨコハマフリューリングスフェスト2023(横浜赤レンガ倉庫)、RISING SUN ROCK FESTIVAL 2023(北海道石狩市・小樽市)、根岸森林公園(横浜市中区)など

■横瀬町
横瀬町は人口約7,800人、埼玉県の西部、秩父地方の南東部にあって都心から70km圏内、池袋駅から特急電車で最短72分の距離に位置しております。秩父盆地の大自然に囲まれ、四季折々の味覚や風景が手軽に楽しめる山あいの小さな町です。近年では、都心からの近さ、コンパクトにまとまった地域、町民の活力などを活かし、官民連携プラットフォーム「通称:よこらぼ」の展開により、大企業からスタートアップ企業、大学等との連携が多数行われ、地方創生の取り組みの一つとして、全国から注目されています。
HP:https://www.town.yokoze.saitama.jp/

■「よこらぼ」について
横瀬町の活性化・持続的発展を目指した、企業・個人を問わないプロジェクトサポート施策です。町外の企業等から広く事業を募集し、その提案プロジェクトを実証試験する上で支障となる法定課題の解決や実証フィールドの提供などの支援を行います。行政権限を活かした特区の申請や条例の制定、学校などの公的領域への協力要請、町民団結力の活用など、町が関われるすべての支援を活用できます。約7年で提案234件のうち141件を採択しています。
今回の実証実験は、このよこらぼのプロジェクトとして採択をされて実施します。
HP:https://yokolab.jp/

■Trim株式会社 
設立: 2015年11月
本社: 横浜市中区諏訪町16番 201
代表: 長谷川 裕介
HP: https://www.trim-inc.com/

■株式会社ハマネツ
設立: 1962年3月
本社: 静岡県浜松市中区砂山町325番地の6 日本生命浜松駅前ビル3F
代表: 河藤 一博
HP: https://www.hamanetsu.co.jp/

ニュース一覧に戻る