【mamaro NEWS】石川県初導入 可動式ベビーケアルーム「mamaro」 石川トヨペットカローラに導入決定

2021年10月12日

mamaro NEWS

「なかなか気づけないお客様のニーズに応え、どこよりも過ごしやすい店舗づくりへ」

 Trim株式会社が製造・販売する可動式ベビーケアルーム「mamaro」が、2021年10月12日より石川トヨペットカローラに導入されることが決定いたしました。

今回、石川トヨペットカローラにおける「mamaro」導入の決め手となったのは、


①授乳室・ベビーケアルームがあることで、お客様の満足度を高められると考えたこと
可動式でいつでも動かせて、従来の授乳室よりも安価でコンパクトなこと
快適な環境づくりを通じて地域社会に貢献できること

とのこと。

ご担当の山崎さんに話を伺いました。

【石川トヨペットカローラ 山崎さん】

 私たちのお客さまが授乳室を求めている、と気づいたのは福祉車両の販売に携わった時です。小さなお子さんを持つママ・パパの悩みを調べていたのですが、その中で授乳室やベビーケアルームにもニーズがあるのではないか、と思ったのです。

 それまで、赤ちゃんとご一緒のお客さまが授乳・おむつ替え・離乳食といったベビーケアをされる場合、多目的トイレや車に戻っての授乳をお願いしたり、また社員が使う部屋をご案内することもありました。ベビーケアルームがなくて困ってもお店に「設置してほしい」と伝えることは難しいですよね。実際、なかなかニーズに気づくことができず、店舗も対応が追いついていませんでした。

 「mamaro」をテレビで見たという他のスタッフに話を聞くと、実際彼女もディーラーに行く際は授乳室があるか調べてから行くとのこと。また、以前と比べて車の選択肢が多くなる中で、お客さまそれぞれの店舗滞在時間は長くなっており、つまりは滞在時にベビーケアにかける時間も増えているんです。ベビーケアルームはお客さまが快適に過ごしていただくために必要なんだ、という思いが強くなりました。従来の授乳室と比べてコンパクトで費用も高くなく、可動式なので便利で、このたび「mamaro」設置が実現した次第です。

 石川県野々市市は昨年、全国の「住みよさランキング」で1位に選ばれたほど、子どもから大人までが心地よく暮らせる街です。そのような地域とそこに住む方々に貢献することは弊社のモットーでもあります。「mamaro」の導入をきっかけに、お店としても会社としても、過ごしやすい環境を提供し続けていきたいです。

▼mamaroについてもっと詳しく

 https://mamaro.trim-inc.com/

※Trimは授乳者のプライバシーが保護された状態で授乳を行えるようにする「授乳用ユニット」について特許を取得しています。(特許第6865989)

■Trim株式会社

設立: 2015年11月
本社: 横浜市中区諏訪町16番 201
代表: 長谷川 裕介

HP: https://www.trim-inc.com/

   *Trim株式会社は、デジタルガレージグループによるOpen Network Lab 第12期 卒業生です。

<本件に関する報道関係の方のお問い合わせ先>

Trim株式会社 広報担当  Mail: info-trim@trim-inc.com

   ※記事掲載の際は、大変お手数ですが掲載前にご一報いただけますようお願い申し上げます。

ニュース一覧に戻る